時 の ふ る さ と




子午線標識を兼ねる明石市立天文科学館


 明治17年(1884)ワシントンで開催された万国子午線会議において、世界中の標準時につい
ての取り決めが行われました。日本では、この決定に基づいて、
 明治19年(1886)日本標準時が勅令によって、東経135度を子午線とし日本の標準時とする
ことが制定され、2年後の明治21年(1888)1月1日午前0時をもって日本標準時が運用され、
この時から明石の地方時が日本全国の標準時となりました。

 上記写真の天文科学館は、昭和32年(1957)から始まった国際地球観測年を記念して計画
され、昭和35年(1960)6月10日の時の記念日に開館しました。 当館は人丸山の緑を背にし
プラネタリウムのドームと南向きの巨塔から構成されています。高さ53.46mの展望塔は東経
135度の線上に建設され日本標準時子午線標識を兼ねています。

 明石市では日本標準時の基準となる東経135°子午線が通過する”まち”として”時・時刻”
に関心が高く「時のまち明石」「時のふるさと明石」として街中に色々な”時に関する標識”や
”ユニークな時計”が設置されています。
  お楽しみ下さい。








初代の子午線標識
 *大日本中央標準時子午線通過地標識

 *明治43年(1910)参謀本部陸地測量部
   の地図に基づき花崗岩製の標識建設

 *費用は明石郡内の小学校教員の醵出
 
 *昭和3年の測量で、天文学経度の135
  度より4.046秒、距離にして103m西に寄
  っていることが分かり、103m東の相生町
  巡査駐在所前に移動させた。

 *天文町2丁目2番地に現存

 *平成19年(2007)3月
  明石市指定文化財に追加される。





神明国道子午線標識
 *昭和3年(1928)標識の建て替えを計
  画、京大地球物理学教室の野満隆治
  博士に子午線通過地の決定を委嘱、
  博士は天体体体測量に基づき天文学
  経度により建設すべきとし、その測量
  の結果、人丸山上の月照寺境内を通
  ることが判明し、後に神明国道(国道2
  号線)が完成した時、国道北側の歩道
  上にコンクリート製の新標識を造った。

 *この標識は高さ約3.9m、幅0.8mで
  当時としては斬新なデザインだった様
  だが、大戦中の金属供出で金属盤は
  全てはずされました。

 *現在は天文科学館への道標に変身し
  ています。

 *平成19年(2007)3月
  明石市指定文化財に追加される。






     子午線標示柱
       *昭和3年の天測に基づき、昭和5年(1930)明石海峡を一望する月照寺の正面に建設された。
        高さ7m、直径15cmの鉄柱で、上部に地球の子午線を象ったカゴ状の球が載り、その球の上に
        「あきつ島(日本の異名)」を象徴したトンボ(あきつ)が真南向きに止まっています。
        夜にはカゴ球の内側の赤いランプが点灯し、「トンボの標識」の愛称で呼ばれるようになりました。

       *昭和26年(1951)子午線の再観測を京大宇宙物理学教室の上田穣博士らに依頼し、その結果
        東経135度は11.1m東に修正され、昭和31年(1956)トンボ柱も現在の位置へ移設された。

       *平成19年(2007)3月  明石市指定文化財に追加される。
  





日 時 計 .・ 水 時 計
街角の時計
このページの先頭へ戻る  トップページへ戻る