意 識 呼 吸

 


 私の主治医別府真琴先生が提唱しご指導して頂いている呼吸法は、病気の予防と自然治癒力を養う究極の
呼吸法と言われ、時間も場所も選びません。皆さんも「意識呼吸」是非お試し下さい。


 

別府 真琴 先生 べっぷ・まこと せんせい
1939年 大阪府豊中市生まれ
神戸大学医学部卒業後、神戸大学第二外科を経て
兵庫県立西宮病院外科部長。専門は消化器外科、
特に肝臓胆道膵臓外科。 1995年退官。
外科医時代から関心があった、西洋医学を基盤に
しながらもその欠陥を補完する医療の研究に従事。
現在、別府内科クリニック院長
著書「意識呼吸のすすめ」「自分らしさのタイプB」


 


 『体と心をコントロールしている、自律神経・内分泌・免疫の三つの仕組みのうち、自律神経は”呼吸”と密接な
関係があります。交感神経は息を”吸う”ときに働き、副交感神経は”吐く”ときに働きます。私たちは息を”吸う”
事が得意で、”吐く”ことが苦手で、このことが病気のもとになっています。息を”吐く”事を意識的に行うことにより、
交感神経の働きすぎを抑え、病気を予防、治癒できる心身を作ります。』






意識呼吸のすすめ

別府内科クリニック院長 別府 真琴

 

      私たちが恩恵を受けている医療は、西洋医学が中心である。西洋医学は、歴史的にみると、私たちの体を物質とみなし、こころを切り離して体だけを診てきた。だから、病気は体という機械の故障であり、その故障を治すのに薬を使ってきた。

      病気は体だけの問題ではなく、体とこころが一体となった人間がつくるものであるから、人間全体を診なければ病気を治すことはできない。
しかし、患者を全人的に診る方法がないため、病気を根本的に治せないのである。

      病気は体とこころがつくるもの、すなわち、患者の生活史がつくるものである。
生活史とは、生活習慣、ストレス、性格、この三つが絡みあって作りだすものである。
(病因遺伝子は病気の発症に数%から多寡だか二割ぐらいしか関与しない)

      残念ながら、医者は患者のストレスを取り除くことも、生活習慣を正すこともできないし、まして性格を変えることなどできない。
したがって、病気を治すのは患者自身だということである。

      私たちの体とこころをコントロールしている仕組は、ホルモン系、免疫系、自律神経系の三つである。この三つのシステムを、患者自身が変えることなど出来ないとされてきたが、自律神経の働きだけは、それが可能であることがわかってきた。

      その方法は「呼吸」を意識的に行うことである。
 私たちが無意識にやっている呼吸は、吸うときに交感神経が働き、吐くときには副交感神経が働く。この医学的事実を使って、吐くことを中心とした意識呼吸をトレーニングとして毎日やっていけば、自律神経の働きを自分でコントロールすることが出来るようになるのである。

      病気は主に、自律神経の交感神経と動物脳のノルアドレナリン作動性神経が過剰に働くために起こり、その反対に病気の予防と治療は、自律神経の副交感神経と動物脳のセロトニン作動性神経を働かすことで可能となる。

      この副交感神経とセロトニン作動性神経を働かせるよい方法がなかったが、吐く呼吸を意識的に行うこと(意識呼吸)によって、病気の予防と治療が可能となった。

      「意識呼吸」三つのポイント

1.    丹田(お臍の直下およそ1〜2p)を意識して吐く。

2.    吐くことから始める。

3.    出来るだけ長く、ゆっくり、そして吐き切ること。

 自然治癒力は、(ハラ)である。病気を治す力はお腹であるということは、お腹(丹田)を意識するということは、息を吐くことであり、副交感神経を働かせることである。

 すなわち、自然治癒力とは、副交感神経が働くようになることである。




生活習慣病対策   ・  

体重(diet)

 このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る