釈迦の生涯を訪ねて

 生誕(ルンビニー)
 成道(ブッダガヤー)
 初転法輪(サールナート)
 布教伝道(ラージギル)
 僧伽の拠点(シュラーヴァスティー・サヘート)  
 仏伝の舞台(サンカーシャ)
 最後の旅路(ヴァイシャリー)
 入涅槃(クシナガラ)
 ナーランダ大学跡
 インド北部田舎の風景

釈迦の生涯を訪ねて

トップページへ戻る

天竺への憧れ
 仏教は日本に伝来以来、約1,500年に亘り日本人の宗教と、日本文化の精神の中核を担ってきました。
その仏教の開祖である釈尊が、お生まれになり、悟りを開かれ、法を説かれ、入滅された地"インド"を我々日本人は古くから、憧れの遠い遥かな国「天竺」として仰いできました。
 私も自宅には仏壇があり、お寺の檀家として組織されていますが、あまり熱心で敬虔な信徒ではありません。
 お釈迦様のことをもっと知りたくてツアーに参加、バスでの移動は約2,000q、列車での移動が約300qになりました。

インドの宗教の現状
 人口の 82.7%がヒンドゥー教徒、11.2%がイスラム教徒、他には、キリスト教徒が 2.6%、シーク教徒が 1.9%、仏教徒は僅か 0.7%、ジャイナ教徒が 0.5%です。インドでは仏教はおおよそ800年前に姿を消しています。

ゴーダマ・ブツダはヒンドゥー教ではどう扱われているか
 およそ紀元前4世紀に興った仏教は、インド国内ではグプタ王朝(4〜6世紀)頃からすで退潮の兆しが見られ、13世紀にはイスラム教徒の侵入と迫害によって、インド国内ではその伝統がほぼ途絶えてしまったとされています。
 しかし、仏教は途絶えたとしても、仏教の開祖であるゴーダマ・ブツダへの崇拝は、インドの民衆の間で消失したわけではなく、それどころか、ゴーダマ・ブツダは、彼がかって否定したバラモン教の後裔である、ヒンドゥー教の神話・伝説のなかに取り込まれ、ヒンドゥー教の主神であるヴィシュヌ神(10種類の化身を持つ)の第9番目の化身として描かれています。
 その理由は、民衆にその偉大さを賛美されるあまり、インドの民衆宗教に神の化身として受け入れられ、その教義もろともヒンドゥー教に吸収・消化されてしまったものと考えられています。


ブツダの旅の行程図 八大仏跡図
画像をクリックすると大きな画像が表示出来ます
インド国旗 ネパール国旗


インド地図


ネパール地図
画像をクリックすると大きな画像が表示出来ます