光り輝く島 スリランカ

上座部仏教を訪ねて




本文へジャンプ


 スリランカは「光り輝く島」という意味の名前を持ち、インド大陸の南、インド洋に浮かぶ島国で、大きさは北海道をひと回り小さくした程度ですが、大きくはないこの国土の中に、自然、民族、文化が驚くほどの多様性に富んでいます。宗教は仏教ですが南伝の仏教で、テーラワーダ仏教(他に初期仏教・上座仏教・上座部仏教、根本仏教・原始仏教などとも云われます)と呼ばれています。

 スリランカ訪問の動機は、日本テーラワーダ仏教協会のアルボムッレ・スマナサーラ長老の著書「仏教は心の科学」を読んで興味を持ったからです。

テーラワーダ仏教とは?日本テーラワーダ仏教協会ホームページより)

 仏教は、今からおよそ2,550年前、お釈迦様(釈迦牟尼仏陀)によって啓かれ、時代の流れとともに、さまざまな流派に分かれて全世界へと広がってゆきました。中国・チベット・朝鮮半島や日本には、お釈迦様の死後数百年経って成立した北伝の仏教(いわゆる大乗仏教)が伝えられました。一方、スリランカ・タイ・ミャンマーなどの出家教団によって継承されている南伝の仏教をテーラワーダ仏教と呼びます(他に初期仏教・上座仏教・上座部仏教、根本仏教・原始仏教などとも云われます)。

 テーラワーダとは、パーリ語(古代インドの言葉)で、“thera”長老の“vâda”教え、を意味します。テーラワーダ仏教は、お釈迦様の時代から完全に近い形で残されたパーリ語経典に基づいて、多くの比丘(釈尊の教えを実践し、修行した出家僧)と在家信者たちの努力により、2,500年間の長きにわたって実践され受け継がれてきたお釈迦様の根本の教えなのです。

 日本などいわゆる大乗仏教の諸国では、お釈迦様の初期経典に説かれたヴィパッサナーなどの実践方法が伝わってきませんでした。そのために思弁哲学の学問仏教、あるいは現世利益信仰や儀式儀礼の呪術的宗教になってしまった面もあります。テーラワーダ仏教はいわゆる「小乗」とも「大乗」とも無縁です。ただお釈迦様の説かれた教えとその実践方法の一つ一つを、当時のまま、今日まで伝えてきた純粋な体系なのです。

 お釈迦様が説かれた本来の仏教は、儀式儀礼ではなく、いつの時代でも、生きている私たち人間の心に直接働きかける実践的で役に立つ教えです。ヴィパッサナーや慈悲の冥想といった、お釈迦様の教えられた実践法は、宗派の違いや宗教の枠を超えて、誰でも実践できる幸福の道であるといえましょう。

釈迦と弟子のアーナンダ

国  旗

 緑色はイスラム教徒、橙色はタルミ人(ヒンドゥー教徒)、ライオンと4枚の菩提樹の葉は多数派シンハラ人(仏教徒)のシンボルで
す。
地  図

国 名 : スリランカ民主社会主義共和国 首 都 : スリー・ジャヤワルダナプラ・コーッテ
面 積 : 65,610K㎡ 人 口 : 2,023万人
人 種 : シンハラ人(74%)、タルミ人(18%)、 宗 教 : 仏教70%、ヒンドゥー教15%、
        ムーア人(7%)         キリスト教8%、イスラム教7%
公用語 : シンハラ語、タミル語、
略 史 : 
*紀元前483年 : ヴィジャヤ王子(シンハラ族の祖といわれる)が北インドから移住して、シンハラ王朝建設した言われています。王都はアヌラーダプラにおかれた。

*紀元前247年 : インド、マウリア朝アショーカ王の王子マヒンダが、王都のアヌラーダプラの東方に聳えるミヒンタレー山で、デーワーナンピヤティッサ王と出合い、王が仏法に帰依しました。6月の満月の日であったと伝えられています。 これ以後、上座部仏教 が興隆しシンハラ人の多くは現在までその信仰を守ってきました。

*紀元前2世紀以来 : 南インドからタルミ人を主体とする移住者が断続的にあり、現在のスリランカ・タルミ人の 原型を形成したと考えられています。

*紀元5世紀   : アヌラーダプラで父王を殺害した王子は、シーギリヤロックの頂きに王宮を築き、遷都してカッサパ1世となったが、短期間で王都はアヌラーダプラに戻りました。

*紀元1017年 : 南インドのチョーラ朝の侵入により王都アヌラーダプラを放棄し、ポロンナルワを王都とすました。

*紀元1070年 : チョーラ朝の勢力は撃退され繁栄の時代を迎えました。

*紀元13世紀  : 南インドの動乱に伴い、チョーラ朝のタルミ人の侵入が激しくなり、王都は北部から中部・南部へ移動し、コーッテでやや安定しました。 マルコ・ポーロが来島し、「東方見聞録」に記録を残しました。

*紀元1505年 : ポルトガル人来航(海岸地帯を植民地化)

*紀元1658年 : オランダ人来航(海岸地帯を植民地化)

*紀元1802年 : アミアン条約によりスリランカは英国植民地となる。

*紀元1815年 : キャンディ王朝が滅亡し、全島が英国の植民地化

*紀元1848年 : 英連邦内の自治領として独立

*紀元1872年 : 英連邦内自治領セイロンから完全独立
              国名をスリランカ共和国に改称


*紀元1978年 : 国名をスリランカ民主社会主義共和国に改称


聖地アヌラーダプラ 古代都市シーギリヤ
古都ポロンナルワ ダンブッラ石窟寺院
聖地キャンディ 伝説のキャラニヤ
丘陵地帯の魅力
このページの先頭へ戻る トップページへ戻る