アンコール遺跡群





永年希望し、いつも写真で見ていたアンコール・ワットを2006.12.28〜2007.01.04 正月を利用して訪問することができました。
 知り合いからトラベル世界鰍ノ良い企画があると聞き、このHPに題材が出来たと心を躍らせて参加しました。
沢山の遺跡を見学し、人間の能力の素晴らしさを再確認し、宗教が国を統治するのに如何に利用され役立ったか改めて知りました。
事前に大変湿度が高く高温と聞いていましたが、神経痛で足の痺れのある私にはすこぶる快適に旅することが出来ました。
特に添乗員のSさんの博学と全員に対する公平な心配りに感心し、又、
「アンコールナイト」での幻想的な時間と空間を堪能しリフレッシュして帰国しました。


カンボジア国旗







夕日 と [砂糖やし]
「砂糖やし」の樹液を利用して名前の通り
砂糖・酒(Palm Wine)・酢(Palm Vinegar)・ジュース(Palm Juice)等が作られます。






カンボジア王国 (Kingdom of Cambodia)
面積 18.1万 ku (日本の約 1/2弱)
人口 13.8百万人 (’05年 IMF資料)
首都 プノンペン
民族 カンボジア人が90% (クメール人)
言語 カンボジア語
宗教 仏教 (一部少数民族はイスラム教)





石澤良昭(アンコール遺跡・残された歴史のメッセージ)より
事     項 アンコール王朝
(在位年/先王との推定血縁)
寺 院 ・ 遺 跡
1世紀
カンボジア南部に
扶南(フーナン)興る


229年 中国・呉の使節が
扶南へ
*オケオ(2〜7世紀)
*旧都アンコール・ボイレ
    (6世紀前半〜7世紀)
*ソンボール・プレイ・クック
      (7世紀〜8世紀初)
*アク・ヨム(7世紀後半)
709年
真臘(クメール)が
水真臘と陸真臘
に分裂
802年 アンコール王朝
興る
1.ジャヤヴァルマン二世
   (802〜834)

2.ジャヤヴァルマン三世
   (834〜877/王1の王子)

877年 ハリハラーラヤを
都城とする。
(ロリュオス遺跡)
3.インドラヴァルマン一世
   (877〜889)
プリヤ・コー、バコン
889年 アンコール第1次
都城ヤショダラプ
ラ造営
4.ヤショヴァルマン一世
   (889〜910/王3の王子)
ロレイ、プノン・クロム
890年
東バライ完成

5.ハルシャヴァルマン一世
   (910頃〜922頃/王4の王子)

王宮、プノン・バケン
プラサート・クラヴァン
6.イーシャーナバルマン二世
   (922頃〜928/王4の王子)

928年 コー・ケーに遷都
7.ジャヤヴァルマン四世
   (928〜942)
コー・ケー
8.ハルシャヴァルマン二世
   (942〜944/王7の王子)
プラサート・トム
944年 ヤショダラプラに
遷都
全国再統一
9.ラージェンドヴァルマン一世
   (944〜968)
バクセイ・チャムクロン、
東メボン、プレ・ループ、
バンテアイ・スレイ
975年 西バライ工事開始 10.ジャヤヴァルマン五世
   (969〜1000頃/王9の王子)
クレアン、
ピミヤナカス
11.ウダヤディティヴァルマン一世
   (1000頃)
タ・ケウ
12.ジャヤヴィーラヴァルマン一世
   (1002〜1010頃)


1020年

西バライ完成
13.スールヤヴァルマン一世
   (1011〜1050)

14.ウダヤディティヴァルマン二世
   (1050〜1066)
バプーオン
15.ハルシャヴァルマン三世
   (1066〜1080/王14の兄弟)
西メボン、
プリア・ヴィヘア
16.ジャヤヴァルマン六世
   (1080〜1107)
ベン・メリア
17.ダラニンドラヴァルマン一世
   (1107〜1013/王16の兄弟)
チャウ・サイ・デヴォダ、
トマノン
1113年 アンコール・ワット
建設開始
18.スールヤヴァルマン二世
   (1113〜1050頃/王17の甥)
アンコール・ワット、
テップ・プラナン、
プリア・バリライ



19.ヤショヴァルマン二世
   (1050頃〜1165)
1145年

1149年
アンコール朝の
チャンパー支配



プリア・ピトゥ、
バンテアイ・サムレ
1177年 チャンパー軍の
アンコール都城占領
20.トリブヴァナーディティヴァルマン一世
   (1165〜1177)

1181年 アンコール・トム
造営開始
21.ジャヤヴァルマン七世
   (1181〜1219頃)
バイヨン、タ・プローム、
プリヤ・カーン、スラ・スラン、
ニャック・ポアン、タ・ソム、
象のテラス、ライ王のテラス、
アンコール・トム、
バンテアイ・クデイ
1190年

1219年
アンコール朝の
チャンパー支配
1200年
灌漑技術の変革
(パライ建設中止)


22.インドラヴァルマン二世
   (1220頃〜1243)
スピアン・メーマイ、各地の
石橋遺構、施療院、礼拝堂、
バンテアイ・チューマール、
コンポン・スヴァイのプリヤ・
カーン
13世紀
初頭
アンコール・トム完成
1240年
(シャムのスコータイ
王朝成立)
23.ジャヤヴァルマン八世
   (1243〜1295)
1250年 アンコール地方洪水

1296年

中国元朝の使節に
随行して周達観が
アンコールを訪問
24.シュリーンドラヴァルマン一世
   (1295〜1307/王23の娘婿)

1309年

アンコール・トム内に
最初の上座仏教寺院
マンガラールタ建立
25.シュリーンドラジャヤヴァルマン
   (1307〜1327)


1351年


(シャムのアユタヤ
王朝成立)
26.ジャヤヴァルマーディパラメシュヴァラ
   一世(1327〜1353?)
1353年
シャム軍の第1回
アンコール都城攻略
1394年 シャム軍の第2回
アンコール都城攻略
1431年
シャム軍により
アンコール都城陥落



600年に亘るアンコール王朝はどの様な王朝だったのか?
大きな特徴は、王位継承は非連続・非血縁で、崇高な帝国が粛々と存在したと言うよりも、
実力のある王の候補者たちが激しく王位の争奪戦をくりひろげ、敵対者を打ち破るか、追放するかした
勝者が王として即位し、その後は、必死に王座を守ったのが、アンコール朝の歴史です。
現在判明しているのは、26名の王が存在し、それぞれが即位すると、その権威をかけて新都城(城壁)を築き、
その中心に国家鎮護の大寺院と豪華な王宮を建設しなければなりませんでした。
なぜならば、激しい王位争奪戦で、都城は破壊され、王宮は焼き払われ、寺院にも被害が及びました。
その結果、王がかわるたびに都城・王宮・寺院が建てられ、即位する王の器量や信奉する宗派により、
さらには、建築技術の発展により、時代も規模も宗教も違う大伽藍が建立された。
参照:石澤良昭(アンコール遺跡・残された歴史のメッセージ)より


ジャヤヴァルマン七世座像

王 宮



カンボジアの沙羅の花と樹?
日本では・・・
夏椿が沙羅の花です 菩提樹です


添乗員さんから頂いたアンコール絵葉書

アンコール遺跡 3日間パス
(US$ 40.00)





ロリュオス遺跡群 クバル・スピアン
バンテアイ・スレイ アンコール・ワット
アンコール・トム タ・プローム
プリヤ・カン ソンボール・プレイ・クック
このページの先頭へ戻る トップページへ戻る