大  震  災




平成7年1月17日午前5時46分、未曾有の大地震が発生しました。
 サラリーマンの私は毎朝6時が起床で、当日起床前の浅い眠りの中にいました、突然躰が空中に持上がり何が
起こったのか判らないまま経験したことのない猛烈な横揺れが襲ってきました、「地震だ!」妻が横で立ち上がろ
うとしていましたが足許がおぼつかなく立てません「寝ておれ」と叫び、最悪の家屋の倒壊と圧死まで頭の中を過
ぎりました。何故ならば、高低差7bの”のり面”に人工地盤を張り出しその上に自宅を建築していたから、常に心
の奥底で不安感を持っていました。実際は10秒程度の時間ですが大変永く感じました。その間も瓦が落下して割
れる音や室内でガラス等が割れる音が聞こえ続けていました。
 揺れがおさまり子供達のことが気になり部屋を出ようとしますが、部屋の入り口の廊下に本箱をおいていました
ので、それが扉に倒れてなかなか開けることが出来ません、幸いスライド式でありガタガタしていると半分ほど開
き部屋から出ることが出来ました。余震を恐れ家族で自宅前の6b道路に避難しました。
 7時20分の日の出まで相当あり街灯も停電し真っ暗の中、月明かりに周りを透かして見渡すと道路に避難して
いるのは我が家だけで、ご近所はどなたも避難していません。人工地盤の上に家を建てた怖さにショックを受けま
した。
 


 

 
 

人工地盤とその上に建てた自宅




 自宅の応急的な片付けを行い、午前10時頃、愛車マークUはリアウインドーガラスが瓦の落下で破損していたので
マイカーでの出社は諦め、自転車で神戸の旧居留地内にある会社に向かいました。自動車であれば大渋滞に遭遇し
て到着はしなかったと思われます。JR大久保駅に近い場所で国道2号線に入りそのまま国道を東上しましたが、明石
から舞子にかけて国道沿いの古い家屋が何軒か倒壊していましたが危機感は持ちませんでした。舞子浜で明石大橋
主柱の工事中でしたが無事直立しているのを確認し(後に30pずれたことが判明)、若宮インター付近で阪神高速道
橋脚の鉄筋が剥き出しになっていたり、ビルが傾いているのを見て大変なことになったと初めて悟った。新長田を過ぎ
た付近では火災の輻射熱と焦げた匂いとガス臭さを感じながら東へ急いだ。
 JR神戸駅前で、当時で20年来つき合いの居酒屋「一本木」(清酒は西山酒造場「小鼓」のみ、残念ながら平成14年
廃業された)店主(上品な姉妹)の無事を確認に寄り道、呼べども返事はないがシャッターが少し開いていたので近く
の避難所に避難中と思われ、元町商店街を通り抜け、会社には13時頃到着した。この時点でも、このような大災害に
なっているとは想像できませんでした。
 自分自身の目で見たことしか判断材料がなく、総合的な情報が如何に大切か、また全体を推量する洞察力の無さを
痛感しました。
 地震を経験して自然の偉大さと残酷さ、人間のちっぽけさを改めて思い知らされ、物欲が無くなったように思います。

 
   



過ぎしことを悲しまず (過ぎてしまったことを悲しまず)

  来たらぬことにあこがれず (まだ来もしない先のことに心を惑わせず)

ただ現在に正念にしてあれば (わたしは与えられた現在を大切に生きるのだ)

  その顔色はつねに明らかなり (だから、顔色は生き生きといている)

サンユッタ・ニカーヤ 





小さな写真をクリックすると大きな画像が表示されます。元に戻る時はブラウザの「戻る」をご利用下さい
須磨付近 元町駅北側付近

旧居留地内ビル13階より 交通センタービル
東側を望む 西側を望む 山側を望む 海側を望む
神戸国際会館 明治生命ビル 神戸栄光教会 元町南側駅前 灘付近
東灘付近 高架橋 湊川付近 元町「ヘヤーサロン・ 5時46分
ファースト」前田店主
元町「苫屋近安」




13階事務所内部被災状況





兵庫県南部地震
全体の被害 明石市の被害
年月日時間 1995年1月17日 午前5時46分51.9秒
震 源 地 北緯34度36分、東経135度02分、深さ16q
大 き さ マグニチュード7.3
死    者 6,433人 26人
負 傷 者 重   傷 10,683人 139人
軽   傷 33,109人 1,745人
建物被害 全   壊 104,906棟 2,941棟
186,175世帯 4,239世帯
半   壊 144,274棟 6,673棟
274,182世帯 10,957世帯
一部損壊 263,702棟 21,370棟
------ 35,618世帯

明石公園震災記念碑
大蔵海岸震災記念碑



このページの先頭へ戻る  ・  トップページへ戻る