飛鳥クルーズ

ひな祭り屋久島・日南クルーズ
2005.03.02〜2005.03.05


飛鳥概要
船  籍 日  本 航 海 速 力 最高21ノット
総トン数 28,856GT 主  機  関 ディーゼル、11,770馬力×2基
全  長 192.8m 横揺れ防止装置 フィン・スタピライザー
全  幅 24.7m 乗 組 員 数 約 270名
喫  水 6.7m 客  室  数 296室・乗客数592名
就航年月 1991年12月 運 行 会 社 郵船クルーズ



 初めてのクルーズ、ワクワクしながら乗船しました。早速、プロムナードデッキ(7)でセイルアウェイ・パーティー
が始まる。神戸ポートターミナルの見送は想像していた人数より少なく寂しい限り、しかしテープをもらい投げまし
た。銅鑼が打たれバンドの演奏が始まると出港の雰囲気が一気に盛り上がってきました。
 少し落着くと、船内の探検に出発、10デッキまで上がり順次船内を見て回りました、私を喜ばしたのはグランド
・スパです、乗船中毎日、朝晩2回入浴し神経痛の私にはキャビンのバスよりのびのびでき大変快適でした。
 夕食の時間は、同じテーブルについた方々とのふれあいの時間、「飛鳥」を愛し何度も乗船されている人が多
かったのには驚きました。旅行中お話した方々のお住まいも遠くは北海道・佐賀・広島・岡山・もちろん大阪・も
ちろん地元の兵庫等全国から集っていて変に感心しました。約270名の船上スタッフのもてなしは思っていた
よりアットフォームな雰囲気で、のんびりした船旅が出来ました。
 船旅の醍醐味はナイトライフと聞いていましたので、マジックショー・プロダクションショー・ラウンジでのミュー
ジックタイム・カジノゲーム等、睡眠時間を削って充分に楽しみました。ホールでのダンスタイムは踊れなく見学
のみで、残念!
 偶然ですが、野崎キャップテンフェアウェルセレモニーがあり、12年間「飛鳥」の指揮を執った船長のお別れの
スピーチを聞くことが出来ました。



  


小さな写真をクリックすると大きな画像が表示されます。元に戻る時はブラウザの「戻る」をご利用下さい

製造所銘板

船内案内板

ASUKAブイ

キャビン

キャビン

出港風景

出港風景

出港風景

出港風景

セイルアウェイ・パーティー

セイルアウェイ・パーティー

舞上がるテープ

リド・デッキ(8)

リド・デッキ(8)

航跡

1日目 夕食

2日目 夕食

3日目 夕食




屋久島概要 10,000o 山頂部年間降水量
60q 島の位置、九州最南端「佐多岬」南南西 90% 島の原生林
132q 島の周囲 約1,500種 島の植物種
502平方q 島の面積 約40種 島にだけ自生する固有植物種
7番目 日本の島の大きさ順位 約7,200年 "縄文杉"の推定樹齢
13,400人 島の人口 1,936m "宮之浦岳"標高、九州最高峰


 1993年世界自然遺産に指定された”屋久島”、近年観光客が激増しているそうです。当日は残念ながら一日中雨で、
写真もあまり撮影できませんでした。しかし、「ヤクスギランド」の原生林は観賞でき、特に標高1,300m地点で雪景色に
聳える推定樹齢3,000年と言われる”紀元杉”の前に立つと、ある種神々しさを覚えました。
 屋久島は「月に35日雨が降る」と表現されますが、苔が生き生きし、江戸時代に切られた切株、雷や風に倒された
倒木に樹子が根付き、木々が再生しているのに感動しました。この表現は、島一番の高峰、宮之浦岳をはじめ1,000m
以上の高峰が連座し、別名”洋上のアルプス”と言われるこれらの山々に、黒潮が運んできた温暖多湿の海風がぶつ
かり、上昇気流となって島を包み込み、大量の雨を降らせ、年間降水量は山頂部で10,000o、平地でも4,300oにも達
することで納得できます。



世界遺産

ヤクスギランド

昔の伐採跡

切株再生

切株再生

倒木再生

紀元杉

紀元杉

紀元杉

紀元杉

紀元杉

千尋の滝




日南海岸
 「鵜戸神宮」「青島」は以前に観光しており、午年の私は野生馬の生息地「都井岬」で天然記念物”岬馬”を見学、
思っていたより小柄で毛並みは綺麗でした。
 飫肥(おび)は伊東家五万一千石の城下町として栄え、今なお江戸時代の面影を残し、「九州の小京都」と呼ばれ
ています、しっとりと落着いた風情はなるほどと納得出来ました。また、小村寿太郎の生誕地で小村記念館を見学し
ました。


 
  


日南港(油津)
日の出

日南海岸

都井岬灯台

都井岬野生馬

都井岬野生馬

飫肥城大手門

川俣家の雛飾り

川俣家の雛飾り

川俣家の雛飾り

日南港(油津)
入港風景




このページの先頭へ戻る   ・  トップページへ戻る